BEYOND THE DREAMSPHERE HIROKI OKANO

3,300円(内税)

購入数

〜CHC16麻炭サークル(空間波動調整)を配したスタジオにて製作録音されたCD〜

世界の舞台で活躍する音楽家サウンドアーティスト岡野弘幹氏のNEWアルバム。
地球暦を元に2022年の天体の動きを計測し一年を楽曲にしたものです。
岡野氏の音楽スタジオの床下にはCHC16麻炭サークルが配してあります。

麻炭サークルから醸されるトーラスのエネルギーにより、
音が精妙になり、従来の音の領域を超えて細胞の奥深くに響き渡ります。

まさに、平和になった地球からの響きで貴方を包み込んでくれます!


BEYOND THE DREAMSPHERE

3,300円(税込)

HIROKI OKANO


Feat. Akira ∞ Ikeda
music for HELIO COMPASS 2022

このCDは、2022年春分からはじまる
地球暦の一年を一曲の楽曲にしたものです。
天体位置計算をもとに時空間を縮尺し、
地球の運行を約50分で表現しています。
二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の自然音など、
音楽で聞く太陽系の旅をお楽しみください。

いま人類は国籍や国境を超えて地球をまなざし、
夢であった月や火星もずいぶんと身近な存在となり、
太陽系大航海時代の幕開けを迎えている。
私たちの描く夢の向こうにはなにがあるのだろうか。

HELIO COMPASS MUSICの楽曲は、
太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写している。
スタートは春分。曲の半分で秋分を迎え、再び春に戻ってくる。
1年365日の天文情報を秒単位でタイムラインにし、
二十四節気、朔弦望、惑星会合など、
太陽や月や惑星の動きをさまざまな音で表現している。
それはあたかも一呼吸に一生が感覚されるように、
1枚のCDに大きな時空が詰め込まれている。
本シリーズも、岡野弘幹氏とは6作目のコラボレーションとなり、
早いもので木星半周ほどになる。
2018年からは、アメリカDOMOレコードからリリースされ、
全米にネットワークを持つラジオ番組で
50分全てを一曲として放送されるという快挙も成し遂げた。
本シリーズが新しい音楽表現の世界を切り開きつつあることを嬉しく思う。
本作では、昨年に引き続きAkira㱣Ikeda氏がフィーチャリングとして参加、
ACO TAKENAKA氏、LUCA氏、ジョー奥田氏等、
様々なジャンルから多くのアーティストに協力いただいた。
奄美大島やハワイの波の音、サンゴやクリスタルなどの響きに誘われ、
気づけば地球の記憶に触れるような作品となっている。
前作『Emergence from AWAI』から続く、壮大な時空の絵巻物をどうぞ!
  この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける

RSSATOM